上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直に日本はそうなるでしょう。
何したって適当に理由つけて「儀式」と言っちゃえば、死刑にはならないもんね。
弁護団の想像力には脱帽。いくら死刑反対論者の集まりとはいえ、精神鑑定に持ち込もうと必死過ぎ。遺族の失笑も充分に頷ける。
しかし、これもまた随分遺族軽視されてるな。


当時少年が「被害女性に母性を感じた」とか「儀式」とかそんなこと考えて反抗に及んだのかな。
彼は相当歪んだ危険性癖を持った、単なる性欲の塊だけだったような気がするけど。
もう死刑適用したっていいと思うんですがね。簡単に更生できんでしょ、こんなの。

俺におっぱい嫌いになれと言うようなもんだよ。あ、ちょっと、いや、かなり違いますね。すいません。

ついでだから弁護団も弁護士資格剥奪されればいい。


日本は1ミクロぐらいは良くなるよ。
スポンサーサイト

<< グルグルダシトール | ホーム | 充電完了 >>

コメント

まあ変わらんよ、被害者よりも犯罪者が大事な日本の体質は。
凶悪犯罪者のほとんどが今も街を堂々と歩いてるさ

3人殺したら死刑、これが日本の暗黙のルールだそうで

目には目をなら裁判自体は簡単だが別に異常者の数は変わらんし…予防は難しいよな


まぁせめて異常癖は画面の中だけで収めとけって事だな

日本の司法やマスコミ、その影響を大いに受ける警察は
「加害者にやさしく」がモットーかと言いたくなる。
・"被害者"の実名報道をしたがる
・真実を伝えたいと叫ぶただの野次馬
・KittyGuyなら何してもおk
・中学生なら何してもおk
・警官死んでも突入できない、するとマスコミに叩かれる
・無期懲役は10年で出てくる
・死刑求刑→ずっと精神鑑定
・3人殺したら死刑
・明日も来なかったら死刑だから

「すると」ってのはこの場合、接続詞「すると」でもあり、動詞「する」+「と」でもあるから困る。

歴史を眺めてみると法律にもいろいろあるんですが、そのどれもがわりと短命なんですよね。百年単位で保ってたのなんて一握り。どんな法律も時代時代に合わせて存在してるんじゃない?
いつかは軌道修正されることを願います。

まぁでも弁護士を責めるのは違うと思うけどな

死刑制度は廃止した方がイイと思うが代替案として無期懲役制度を永久無期懲役制度にする必要があると思う
あとは恩赦をもっと活用すべきだな


>>>上の人ら

被告人有利の判決は裁判の鉄則だからしゃあない
誤判があったらやばいし

中学生でも普通に刑が適用できるように動いてる(多分12歳ぐらいまで下げられる)

3人殺したら死刑ってのは更正余地がないと判断されるから
1人殺して死刑ってのを判例で確定してまうと更正余地がある人を死刑にしてしまう可能性があるから
ただし残虐な方法、又は更正余地がないと判断された場合は1人殺しただけでも死刑になる場合がある

↑が今の日本での主流の考え方・・・多分

いやぁ…ちょっと目を離していると、いつのまにか議論が…

ここまでたくさんの真面目なコメントがつくのも最初で最後のような気がします(^ω^;)
お付き合いいただき感謝します。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。